Monthly Archives: 2月 2011

『戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則』

週刊ダイヤモンド 20110129号「フェイスブックの旅」に掲載されていた書評。

『戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則』
ウィリアム ダガン著

偉大な成果は直観から生まれる。

正しい目標設定は最初から論理的に導き出されるのではなく、ある「ひらめき」を基に、正しく組み立て、強い意志で実行しようと決意するから、正しい目標になるになるのである。いわば実践と思索の織り成すさまざまな機会から生まれる「ひらめき」、すなわち戦略的直観こそが重要だ。

 
その機会を生かすには、歴史上の先例を知り、心を自由にして多くの人々との出会いや不測の事態から学ぶ平常心が大切であり、決めつけて心を閉ざしてしまっては、そのチャンスを逸してしまう。

 
また自分を取り巻く現実やカルマ(業)と向き合い、その中で適切な自分の役割を見出すことが、無謀なことに身を投じず流れを引き寄せることにつながる。

言わんとしていることはおぼろげにはわかるのだが、どうやって実践したらいいのか皆目検討つかない。つまり、実践的ではなさそう。