先を見据えない日本人

2011/5/19の日経朝刊一面特集の「新しい日本へ」より。

東北大学大学院教授の藤本氏によると、震災時の対応を顧みても「現場主導の危機対応力で日本企業は群を抜」いている。しかし一方で、「将来の危機を予測し、周到に備える姿勢が弱い」。

要は、瞬発力はあるが、計画性がないということか。
これはビジネスにも当てはまるのかもしれない。
先を見据えた事業計画を立て、実践できれば、日本で強いプレゼンスを発揮できるということ。