Category Archives: ビジネス

『戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則』

週刊ダイヤモンド 20110129号「フェイスブックの旅」に掲載されていた書評。

『戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則』
ウィリアム ダガン著

偉大な成果は直観から生まれる。

正しい目標設定は最初から論理的に導き出されるのではなく、ある「ひらめき」を基に、正しく組み立て、強い意志で実行しようと決意するから、正しい目標になるになるのである。いわば実践と思索の織り成すさまざまな機会から生まれる「ひらめき」、すなわち戦略的直観こそが重要だ。

 
その機会を生かすには、歴史上の先例を知り、心を自由にして多くの人々との出会いや不測の事態から学ぶ平常心が大切であり、決めつけて心を閉ざしてしまっては、そのチャンスを逸してしまう。

 
また自分を取り巻く現実やカルマ(業)と向き合い、その中で適切な自分の役割を見出すことが、無謀なことに身を投じず流れを引き寄せることにつながる。

言わんとしていることはおぼろげにはわかるのだが、どうやって実践したらいいのか皆目検討つかない。つまり、実践的ではなさそう。

孫さんインタビュー記事@DIME

30年後の教育はどうあるべきかというTwitterでの問いに対して

もしかしたら『感動を伝えること』のみを命題として、全力を尽くすべきかもしれません。歴史の感動、社会の感動、自然科学の感動。仲間と力を合わせることの感動。未来の構築に関われる感動。

「感動」というのは良いキーワード。

デジタル情報革命が摩擦を減らしていく。時間の摩擦、距離の摩擦、言葉の壁という摩擦。優れた翻訳アプリケーションがいろんなシーンに組み込まれれば、そのうち言葉の壁による摩擦なんてなくなってしまうでしょう。

異文化に踏み込んでいく勇気さえあれば、外国語会話能力が伴ってなくても何とかなってしまうのかもしれない。ただ、英語が圧倒的に強い言語としての地位を保ったままだと、翻訳のニーズが高まらず、現状のままなのかもしれない。

自分が登りたい山を決めるとそれで人生の半分が決まる。あなたは自分の登りたい山を決めていますか?

何かを成し遂げた人は似たような事を皆言っている。
そう。自分の人生は自分でしか決められない。

『ネットじゃできない情報収集術 』漆原直行

ネットじゃできない情報収集術 (マイコミ新書)
漆原直行著

効率を追うのも大事だが、遊びの部分がないと続けられない。

・ネットの記事を読んでて気になる記事が出てきたが時間がなくてチェックを後回しにした。
・ジョギング中に気になる店やスポットを見つけたが練習の途中だからチェックをいつかまたと考えた。

 
日常でよくあるこういう出来事。しかし次回はなかなかやってこない。その時その時に極力消化したい。

各出版社が発行しているPR誌は安く、かつ内容も充実し、新しい本の情報も手に入るのでお勧め。本屋のカウンターで無料で配布している場合もある。

朝日(左派言論)と産経(右派言論)を読み比べるという新聞との付き合いかたもある。

電車内での観察のすすめ
・興味がないジャンルも含めて広告内容
・人間観察。会話。何をやっているのか。持ち物。服装。

地方都市では、繁華街が駅前からロードサイドに移っている。
ロードサイドのネットカフェは一大レジャースポットになっている。

会話での余談の大事さ。

どう話を広げられるか。
相手や相手の会社に興味を持てるポイントを探す。

・会社の立地、内装
・服装、時計、携帯

相手が話し出したら聞き役としての意識を高める。

情報収集源として、タクシー運転手や美容師との会話を楽しむことを心がける。