Tag Archives: 雑誌

シカゴジャズの特徴と現在のシカゴジャズシーン

VISAの機関誌「2009 Apr VISA」より。

シカゴは、ニューヨークと比べるとビジネスに対する心理的圧迫が少なく、良い意味での遊びが生まれている。
結果、独創的なスタイルやサウンドが飛び出してくる。

現在のシカゴジャズシーン

正統派のジャズで言えば、90年代後半から、フランク・カタラーノやコーリー・ウィルクスなどの若手演奏家が頭角を現している。パトリシア・ハーバー、カート・エリングなど、女性のジャズボーカルシーンも高いレベルにある。

他ジャンルとの交流も盛んで、「スリル・ジョッキー」レーベルを筆頭にポストロック系のシカゴ音響派周辺の仕事も刺激的。ジョン・マッケンタイア、ジェフ・パーカー、サム・ブレコップらの試みは、旧来のジャズにはない発想を新しいフォーマットで実践している。ここ数年来のメデスキー・マーティン&ウッドなどの即興系ジャムバンドにも興味深いジャズ的なアプローチが見られる。

代表的なジャズクラブ

■グリーン・ミル
全米最古のサロン風ジャズクラブ

■ヴェルヴェット・ラウンジ
シカゴ・フリージャズの総本山

■アンディーズ
大人のコンテンポラリー・クラブ

■グリーン・ドルフィン・ストリート
シナトラ譲りの正統派ビッグバンド

■ジャズ・ショーケース
名物店主がブックする大物が出演

 
いつの日か、シカゴのジャズクラブを訪れてみたい。
まずは、上であがっているアルバムを聴いてみるとするか。

世界のResort & Spa BEST3

「NILE’S nile」の読者アンケートより。

1. Amanresorts
2. Four Seasons Resort Bali at Jimbaran Bay
3. SIX SENSES RESORTS & SPAS

紙面では1位のアマンではなく
3位のSIX SENSESを押している。

スポンサーのなのか。。。

この雑誌は広告色がわかりやすく強くて笑える。

日本のホテルBEST3

「NILE’S nile」より。

1. ザ・ペニュンシュラ東京
2. マンダリンオリエンタル東京
3. フォーシーズンホテル東京椿山荘

ちなみに、先日訪れた
横浜のインターコンチは
正月は混むってわかってるのに
フロントの体制を予めたいして整えず
その場での機転も利かず
30分以上も立って待たされ最悪だった。

1年間の失踪者の数って…

R25によると

平成15年(2003年)の家出捜索願の受理件数は101,855件。
そのうち同年中に所在が確認されたのは89,734件。
すなわち約88%は短期的な家出人。

失踪が7年続くと家裁に失踪宣告を請求できるようになるが
その件数は毎年2,500件ほどだという。

その2,500人の中には
亡くなっている人もいるだろうし
新たな人生を歩んでいる人もいるだろう。

ついつい、勝手に、その境遇に思いをはせてしまう。。。