月別アーカイブ: 2010年10月

柴崎友香@日経文化面

平易な言葉で綴られていながらも、独特の感性が強く感じられる文章。

わたしは毎日のように下を眺めていたが、上を見る人は滅多にいなかった。上を見ながら歩く人はほとんどいないんだなと、よそ見していてよく怒られるわたしは関心した。

住む場所が変わって強く感じることは、新しい場所に自分がいるということよりも、ついこの間までいた場所に自分がいないということだ。

惹かれる。